撮りたくなる

l1020435

 

どんな感じで撮れるか知っていると、暗い照明の中でも撮りたくなる。

そのカメラを使い倒すと、撮りたくなるシーンも増えていく。

どんな道具でも同じで、たまにしか使わないと思ったような結果が出ないもの。

使う機会を増やすかどうかは自分次第。

何事も「好循環」を自分で生み出せるかどうかが決め手だと思う。