Fender Stratocasters

stratocaster

 

またギターの話です。

ようやく修復最終段階に入った木目のストラト。

初めて学生時代にローンで買っただけに思い入れが深い。

何度か塗装を剥がして塗り替え、結局はナチュラルなオイルフィニッシュに。

前回のマホガニーラッカー塗装で、より木目がはっきりした。

すでにボコボコなボディですが、それがまた愛着が湧く要素なのです。

隣のオールドキャンディーアップルレッドと並べると

なんとなくビンテージギターが揃ったような自己満足を味わえる。

ピックアップはUSAビンテージシングルコイルに交換してありますが

次の休みにノイズ処理をやり直し、最終仕上げをしてから音出しです。

ギターには弾いて楽しみ、その音を楽しんで、飾って眺めたり触って磨いても楽しめる。

カメラとレンズを売って最低限の構成にした分、ギターを集めたくなってしまう。

今はフェンダーのストラトが3本、フェンダーのテレキャスが1本、

アイバニーズのフルアコが1本の合計5本。

次はテレキャスのビンテージルックなレリック仕様が欲しくて

毎日のようにネットで状態の良い中古を探してます(笑)

 

ギターと写真、それからハワイは一生の趣味なのです。

趣味は自分自身で楽しみながら極めて行くもの。

継続することで自分自身を良い状態にしてくれるもの。

それが仕事ではなく趣味であることで、自分の世界を広げてくれる。

個人的に、趣味は仕事とは全く別なジャンルの方が

どちらにも良い影響を及ぼすと思うのです。