今時の WEB

wardpress

 

最近はゴルフ場のホームページリニューアルの仕事をやってます。

今までのホームページも自分が創ったものですが、古臭いのでリニューアルです。

ひと昔前は作成ソフトを購入し、それを使ってカスタマイズして作成していました。

ここ数年、サイト系は WordPress を使って作成するようになった。

自分のこのPhotoブログも SCENE of HAWAII のサイトも WordPressです。

ホームページの意味合いや存在意義も、そして閲覧環境も変化しています。

今時、PCモニターだけで見ている人の方が少数に近いし

表示サイズや見え方も、自動でスマホなどの端末に応じて変化しないと意味が無い。

小さな画面で「見る側」の優先順位を想定しておかないと意味が無い。

そんな「創る側」としての要求に応えてくれるのが WordPress です。

 

以前のソフトのように、PC側で作成してアップロードというような方法ではなく

サーバーにブラウザーでログインして、直接サーバー側で作成します。

なので、何処にいてもどの端末からでも更新や作成が可能。

ユーザーを追加すれば、複数での共同作業も可能です。

「テーマ」というデザインされた雛形が世界中にあって、それを利用してカスタマイズも可能。

運営には、サーバーの知識や最低限の WEB 知識が必要ですが

安くなったレンタルサーバーを活用して、自分だけのサイト運営が可能です。

プロに任せなくても、自分で勉強できる範囲でゼロから作成できます。

 

しかし、良い時代になったものですね。

Google 検索を活用すればプロの業や知識も得られるし

知らない用語があっても、それをまた検索すればいいだけ。

そこで根気は必要ですが、わざわざ分厚い解説書は必要無いだけいい。

自分自身、まったく WardPress の知識が無かったけど

必要な知識は全て WEB 上で得る事ができました。

 

今時、そういったWEBを活用せずに仕事や生活をする事は

ものすごく取り残されて遅れて行く事になるのだと思う。

自分はアナログ世代だからなんて言ってると、世の中の動きを察知できすに

過去の栄光に縛られた狭い世界で老後を過ごす事になりかねない。

決してアナログを否定しないけど、それプラスWEBが必要だと思う。

世の中のいろんな動きは、新聞やTVだけでは判断できない時代なのです。

 

PCも触れない、スマホも使っていないという人とは まともな話が出来ない。

まして、そういう人と仕事など出来ないし信用できない。

それを超える特別な何かがあれば別だけど、

たいていは言い訳してデジタルな世界を避けて

邪魔くさいからやらないと言う、自分に甘い人だと思うからです。

 

もし親なら、子供の考え方や生活を知らないのに

常に上から目線で偉そうに決め付けでものを言うような親になってしまうのです。

世の中の流れを知らない老人にだけはなりたくないと思うのです。