clear ice

aDF0_6349

 

氷の透明感を撮るには、氷の背景が濃い色の方がいい。

その他の部分に別の色があると華やかに。

そして遠くの背景は明るい感じなら、さらにいい感じに。

という訳で、背景を選んで撮ってみると自己満足できるのです。

でも、実際はそこまであまり深く考えずに感覚で撮ってる事が多い。

なんとなくこんな感じがいいかもって撮ってみて

後で撮った写真を見て結果オーライな場合がほとんどなのです。

自分の中に、そんな背景に対する感覚というものがハッキリしてると

深く考えずに撮れるようになるのかも。

そうなるまでは、ひたすら何枚も撮り続けて感覚を身につける。

感性が鋭い人は、最初から深く考えなくても感覚でサッと撮ってしまえる。

それは才能なんだと思う。

でも、感性は自分次第で鋭くなっていくと思う。

まだまだ楽しみながら頑張ろ〜