口にしない言葉

DSC_3861

 

子供に対して絶対に口にしない言葉があります。

ひとつは「勉強しろ」という言葉。

今までに一度も言った事が無い。

自分は親からずっとその言葉を言われ続けて来たけど

一度でも「勉強しろ」と言われて勉強しようと思った事なんか無かった。

上から絶対的な口調でそう言われると

逆に勉強なんかするかって思ってしまう。

それよりも「勉強する」ことが何故必要で

「勉強する」事が自分自身にどう影響するのかを

同じ目線で話をして、少しでも子供なりに理解してくれる方がいいと思う。

自分の意思で勉強しようと思うような環境を作ってあげるのが親の役割なのかも。

 

「勉強しろ」って何度も言うのは親の自己満足でしかない。

あれだけ言ったのに勉強しないからこんな事になる。

親としての責任は果たしたのに子供が言う事を聞かないから悪い。

そうやって親の正当性を理由付けする。

勉強するかどうかは子供自身が決めて、

自分の意思で勉強して行けるように仕向けてあげる事って可能だと思うのです。

 

もうひとつは「誰のおかげで大きくなったと思ってるねん」という言葉。

「誰のおかげで学校へ行けると思ってるんや」とか

「誰のおかげでご飯が食べられると思ってるんや」という言葉。

もちろん親のおかげで全て成り立ってるし感謝しているのです。

そんな事を上から目線で言われなくても理解してるはずです。

それに、親も自分の親に育てられたはずなのです。

子供を持ったのなら、親として当然するべき事であって

順ぐりで親が子供を育てて行く。当たり前の事なのです。

それを恩着せがましく言っても何の意味も無い。

もちろん親としての苦労もたくさんある。

それを感じさせずに、できるだけの支援を精一杯するのが親の勤めですよね。

何も言わなくても、子供はそれを感じる事があるはずなのです。

それでいいと思います。

 

子供を親の自己満足で方向付けたり

親の夢を子供に負わせたり

子供の人生のレールを親が敷いてやるなんて

決して良い事では無い。

子供には子供が選ぶ人生がある。

その選択肢や判断基準を参考意見として伝えてあげる。

それをどう判断して子供自身が決めるか。

失敗させないようにと選択肢を奪うよりも

失敗すればどうなるかを伝えて

それでもやってみると子供が決めたのなら

それを全力で応援し、見守ってやるのが大切な事だと思うのです。